第1回平野富二賞
受賞者

2007年8月18日

  • 吉田市郎氏

    Ichiro Yoshida

  • 受賞について

    吉田市郎氏は、終戦の翌年に晃文堂活版製造所を創業されて、活字製造の事業を興され、その後リョービ印刷機販売株式会社(現リョービイマジクス株式会社)の経営にあたられ、総合的な印刷システムの開発と普及に尽力されました。社会や技術の急速な変化の中にあっても、同氏は活字書体とタイポグラフィに対する深い理解と愛着を堅持され、その普及・発展に貢献してこられました。タイポグラフィ学会は同氏の功績を顕彰するため「第1回平野富二賞」受賞者に選考いたしました。

    戻る