春田ゆかり

Yukari Haruta

所属

春田デザイン室 代表

職種
グラフィック・デザイナー
活動内容

日常のデザイン業務にも深く関係する日本語の活字(電子活字含む)ですが、そのなかでも平仮名の活字が、どのような経緯をもって、手書き文字からこんにちの形象を得てきたのかという点に関心をもっています。とくに印刷技術の転換期となる明治初期において、平仮名活字の作成にかかわった人物や背景について調べています。


主な著述

文字百景098『池原香穉のこと』2000年 朗文堂

文字百景099『京都點林堂をたずねて』2000年 朗文堂

『日本の近代活字 本木昌造とその周辺』「書と活字のはざまにいた池原香穉」2003年 『日本の近代活字 本木昌造とその周辺』編纂委員会

『タイポグラフィ学会誌 01』研究ノート「京都 點林堂と山鹿家をめぐって――本木昌造の流れをくむ京都最初期の近代活字版印刷所」2007年 タイポグラフィ学会

『タイポグラフィ学会誌 09』論文「「平仮名活字」の書き手について――池原香穉とその周辺」2016年 タイポグラフィ学会

2016年11月、同論文について東洋美術学校にて講演(論文発表会、タイポグラフィ学会主催)


春田デザイン室主宰

2006年より 朗文堂 タイポグラフィ・スクール新宿私塾講師(1講義担当)

戻る